- MBAはどんな役に立つ?

ブームがきている

今、MBAブームとも言われているようです。MBAの必要性にみんなさん注目していることは間違いありません。世界中のビジネスマンたちがMBAを目指しています。今まさにMBAブームといえます。

MBAとは?

簡単にいえば、マネージメントのプロになります。経営についての専門家になります。いろんな会社のいろいろを解決しプラスにする方法やアイデアを持っていて、そのことについて学びます。

MBA自体に意味はない

これをもっているから、給料がアップする・・・というような資格とは違います。これを活かして活躍することになります。ここでの学びをヒントに問題解決し、利益やプラスに持って行くノウハウがある専門家になります。

どの企業も

今、とても難しい時代でどこの企業でもマネージメントの知識を必要としています。一昔前までは、そんなことなんか必要ではなく、勢いと力でよかった時代がありました。しかしこのような企業はどんどん潰れてしまうか買収されてしまっています。

勝つのは強い人

結局、勝つことの出来る人は強い人です。昔はお金があって力のある方が強い人の場合もありました。多かったと言ったほうが正しい。そんな方が強くて、世の中の受け入れられていたのでしょう。しかし、今どんな人が強い人でしょうか?お金ではなく、知識をもった専門家です。

なくならない

お金はいつかはなくなります。ありえないくらいお金をもっていたとしても幸せなのか?と言えば疑問です。しかし、知識はなくなることはなく、どんどん増えて行きます。知識があれば、お金がなくても大丈夫です。なぜなら、知識があるからお金を稼ぐことが出来るからです。その代表的なものがMBAです。

求められている

どの企業もそんな人材をもとめています。チャンスです。自分で起業することも可能ですし、企業で幹部候補として活躍もできます。MBAにより確実に今より選択肢は広がります。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です